読書生活 

本や新聞を読んでいます

今の人生はすべて下積みなのかもしれないよ、という話 

この記事をシェアする

 先日、こんな記事を書きました。 

yama-mikasa.hatenablog.com

 こんな内容です。

 新聞にこのような投稿がありました。

2度目のプロポーズに迷う私 主婦 腰山佑子さん 茨城県 73歳

 その昔、私は恋愛結婚をした。戦争で連れ合いを亡くし、苦労して夫と義弟を育てた義母との同居生活。いつしかそれは義母に絶対服従の関係となった。夫が私をかばってくれることも全くなかった。

 昨夏、義母が107歳で亡くなった。義母に仕え半世紀。夫は80歳、私は72歳となっていた。通夜の晩に夫から2度目のプロポーズ。あの世へ行っても私をさがして結婚すると。すぐには言葉が出ない。あの世まで義母に尽くすなんて。

 私は結婚後も働いてきたが、退職後間もなく難病となり、ステロイド剤などにより生かされている。2人の子どもは独立し、夫との気楽な生活。夫は家事を手伝ってくれ、病気の私にとても優しい。今が幸せで何の不足もないが、まだ夫にはプロポーズの返答をしていない。 

 わたしだったらそんな人と絶対に結婚しないのに、この人は優しいな、それとも、この人が二度目のプロポーズを断らないのは、「断るということ」が、自分の人生の全否定になるとでも考えたのだろうか‥と。そういう記事です。お時間があったらお読みください。短い記事ですので。

 

 このことに関連して、こんなことを思いました。

 どこかの雑誌で読んだ記事を思いだしました。宮藤官九郎さんの書いたコラムか何かです。どこだったかなあ、文春か新潮か。こんな内容です。

 テレビでよく、役者さんが下積み時代の話をしている。そういう番組の一つを見ていたら、その役者さん(そんなに年配の方ではなさそうです。記事には名前はありませんでしたが)も自身の下積みの時の苦労を遠い目をして語っていた。番組の司会者が「実はこの方、こんなドラマにも出ていたんです」と映像をふりました。はずかしそうにその映像を見る役者さん。そのドラマがなんと宮藤さんの代表作で吹き出してしまった、「あんたにとってははずかしい黒歴史かもしれないけど、俺にとっては、出世作であり代表作なんだよ」とおもしろおかしく書いてました。

 で、ここからです。宮藤さんも自分の下積み時代をよく聞かれるとのこと。そう聞かれてすごく悩むそうです。自分は成功者なのか?成功者なら、そのラインはどこなのだ?「あまちゃん」か?いや、今も下積みなんじゃないか?ひょっとしたら、今世はずっと下積みで、来世に花が咲くのかもしれないぞ、と。

 

 先の投稿の声欄の奥様、今世は下積みだよ、来世があるさ。別に否定することはない。この下積みは次、生きるはず。必ず次がある。生まれ変わってすてきな人生を歩む助走だよ。助走。

 いや、そうかなあ、うーん。72になって同じこと言えるかな…。

 

まて、来世を考える前に今世を考えよう。明日、今までの人生をひっくりかえす逆転ホームランのようなできごとがあるかもしれないぞ。 

yama-mikasa.hatenablog.com 

yama-mikasa.hatenablog.com

yama-mikasa.hatenablog.com

yama-mikasa.hatenablog.com