読書生活 

本や新聞を読んでいます

『ナミヤ雑貨店の奇跡』ではなくて『ナミヤ雑貨店の奇蹟』だよ、という話

この記事をシェアする

誤字には気をつけましょう

 やってしまいました。痛恨です。

 司馬遼太郎が好き、小説『セキガハラ』が好き、映画『セキガハラ』がつまらない、なんていう記事をガツガツ書きながら、字を間違えていた、という悲しい話です。わざとここではカタカナで書きました。

「セキガハラ」の正解 

 みなさん、「関ヶ原」「関ケ原」「関が原」どれが正解かわかりますか?わたしは「読書生活」などというだいそれたブログ名をつけていながら、全く意識していませんでした。司馬が好き、なんて書いていながら、全く意識していませんでした。正直、変換は一つしかないくらいに思っていました。「セキガハラ」とうって変換したらきっと一つしかでないのであろう、それくらいにしか思っていなかったのです。

 司馬遼太郎の『セキガハラ』は『関ヶ原』が正解です。よって、映画も当然『関ヶ原』が正解です。ところが、わたしは繰り返しますがこれを意識していませんでした。

一生懸命『関ケ原』の記事を書き続けるわたし 

 8月26日に映画『関ヶ原』が公開されることを知り、この夏にもう一度司馬遼太郎の『関ヶ原』を読み直しました。そして、その感想をブログにも書きました。思いが強すぎて、2回に渡り書きました。そして、映画を見に行きその感想もこのブログに書きました。この映画も期待値が高すぎたためがっかり度合いが強く、その不満を2回に渡り書きました。だから、わたしは『関ケ原』(『関ヶ原』ではありません)の記事を4回書きました。

『関ケ原 感想』でGoogle検索すると自分の記事が1位になることを知り、うかれるわたし 

 数日たち、わたしが書いた『関ケ原』関連の記事がGoogle検索で1位になりました。うかれましたよ。やりました!こんなにホットな話題でわたしの記事が1位になるなんて!なにしろわたしの記事で検索1位は「読書はしないといけないの?」ただ一つだけですから。この記事はわたしのかわいい息子のようなものです。「読書はしないといけないの?」で毎日2件くらい検索されています。一日2件もですよ!日本中、いや世界中で2件ですよ!…(涙)。まだ8月末。これから、この記事がたくさん検索されるかな?と、うかれポンチな気分で毎日アクセス数をチェックしました。え?アクセス数なんて気にしてるのかって?当たり前です。気にしてますよ。すごく。

間違いに気づき、途方にくれるわたし 

 アクセス数をチェックし続けましたが、なぜかほとんど伸びないのです。映画公開から2週間経つのにどういうこと?。あまりのつまらなさに、もう劇場公開終わったのか、と思いました。でも、まだやっているようです。職場でも同僚たちが映画『関ヶ原』の話をしているくらいですから。同僚に「おもしろいのかなあ」と聞かれ、「どうだろう、検索してみたら?」なんてそそのかしてたんですから。わたし、ばかですねえ。ばかです。ばか。

 同僚(というより若手のI)が検索しながら、「おもしろいらしいっすよ」と言うんです。そんな馬鹿な!わたしの記事が1位なのに。わたしは「がっかり」と書いたぞ、君は1位の記事を見てないのか、と彼を押しのけ彼のパソコン画面を覗きました。確かにそこには1位の記事が出ていましたが、それはわたしの記事ではありませんでした。

 そのとき、わたしは気付きました。

はっ!やってもうた!やってもうた!

もうお気づきでしょうが、わたしは『関ヶ原』を『関ケ原』と書いていたのです。「関ケ原 感想」と検索すれば、わたしの記事は確かに1位です。しかし、映画も原作も「関ケ原」ではなく「関ヶ原」です。そりゃあ検索も伸びないはずです。そんな映画はやってませんからね。冷や汗がだくだく出ました。顔色も悪かったでしょう。

すぐに『関ケ原』を『関ヶ原』に書き変えるわたし 

 すぐに、すべての関ヶ原関連の記事の語句を書き直しました。しかし、「ときすでに遅し」です。今、わたしの関ヶ原記事は「関ヶ原 感想」で検索すると8~9位くらいです。まあ、そうですよね。わたしの記事が1位なんて、ねえ。「ときすでに遅し」なんて書きましたが、はじめから「関ヶ原」と書いていても1位になることなんてなかったでしょう、と自分を慰めています。

『キセキ』トラップにも引っかかりそうになったわたし 

 で、次です。東野圭吾原作の映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が9月23日に公開されます。この本もわたし大好きです。もう一度読み直し感想を記事にして、映画も見に行ってその感想も書こう、そう思っていました。そして、本も読み、感想も書きました。そして推考です。前回と同じ失敗だけはしないぞ、と思いながら。

 そしたら、気付きました。記事を公開する直前に!この『ナミヤ雑貨店の奇蹟』にもトラップがありました。「キセキ」ここです。ここ。普通、「キセキ」と書くと「奇跡」と変換されますが、正解は「奇蹟」です。みなさん、気をつけてください。奇蹟ですから。ということで、感想を公開しようと思いましたが、もう一日寝かせます。感想は明日にします。間違いがあるといけないので。

 これが、わたしが書いた『関ヶ原』関連記事です。偉そうに書いているのに字を間違えているって、「どの口が言ってんだ」です。すでに書き直してはありますが、どこかに「関ケ原」がまぎれているかもしれません。見つけたら教えてください。 

yama-mikasa.hatenablog.comyama-mikasa.hatenablog.comyama-mikasa.hatenablog.comyama-mikasa.hatenablog.com