読書生活 

本や新聞を読んでいます

プリングルズとチップスターをくらべてみてわかったこと

この記事をシェアする

f:id:Yama-Mikasa:20170818085640j:plain

プリングルズが止まらない

 プリングルズは美味しい。この夏にはまりました。今までどうして知らなかったんでしょう。好き過ぎて、買ったばかりの一眼レフで撮りました。

 プリングルズについて調べてみました。1968年、アメリカ生まれ。世界140か国以上で販売され、年間10億USドル以上の売り上げ!

 味は多様で期間限定を含めると50種類以上だそうです。変わりどころは、「デビルホット味」「トルコ屋台のビーフケバブ味」などなど。故郷のアメリカでは「ダイエットマイナスカロリー味」なんてのもあるようです。プリングルズの自動販売機まであると聞きました。一番人気は「サワークリーム&オニオン」。わたしもこれです。 

プリングルズとチップスターをくらべてみた

 プリングルズのライバル、チップスターとくらべてみました。

 見た目です。

f:id:Yama-Mikasa:20170824183525j:plain

 並べてみると、この通りチップスターの方が大きいです。

 しかし、内容量はプリングルズ53グラム、チップスター50グラム、プリングルズの方が多いんです。でも、見た目がこれだけ違うので、チップスターの方が多いと感じてしまいます。値段もチップスターの方が高いので、お得感あります。でも、繰り返しますがプリングルズの方が多いのです。プリングルズは見た目で損しています。

中身は少ないのに、プリングルズよりチップスターの方が大きいのはなぜか

 中身は少ないのに、どうしてチップスターの方が大きいのでしょうか。理由はふたを開けて中を見たらわかります。

 これが、チップスターの中身です。

f:id:Yama-Mikasa:20170824183952j:plain

 そして、プリングルズの中はこれ。

f:id:Yama-Mikasa:20170824183853j:plain 

 チップスターは包装されていますが、プリングルズはむきだしです。さすがアメリカ。この包装の分、チップスターは背が高くなっています。

プリングルズの上手な食べ方

 プリングルズは包装がなくむき出しなので、最後の方を上手に食べられません。上手な食べ方を調べてみました。

 プリングルズを傾けてすきまを作り、そのすきまに紙をさっと差し込み、そっとその紙を引っ張り出す。こんな感じです。

f:id:Yama-Mikasa:20170824184542j:plain

ほかにもこんなことを調べました。

知ってた?プリングルズの秘密

1 味は片面だけ 

 味が付いているのは片面だけなんだそうです。へこんでいる方に味がついてます。だから味が付いている方を下に向けて食べるとおいしさがアップするとのことです。 

2 正式名称は「プリングルズ」

 「プリングルス」と発音されたり、表記されているものもあります。日本での商標権をもつ日本ケロッグが販売する製品は「プリングルズ」となっています。

 「プリングルス」と表記されているものは、正式商標をもたない会社の商品だそうです。

3 公式ページで確認できる味は3つだけ

 種類は3つ以外ほとんど見かけません。今や公式ページで確認できるのは「サワークリームオニオン味」「うす塩味」「グルメコンソメ味」の3つだけです。