読書生活 

本や新聞を読んでいます

男子の射抜き方 『ひとりでは生きられないのも芸のうち』内田樹

この記事をシェアする

f:id:Yama-Mikasa:20170823225552j:plain

言われたらどっちが嬉しいですか?

「あなたの顔、正直タイプじゃない。だけど、本当に優しい。あなたみたいな優しい人、わたしはじめてかも」

 と、

「あなたの性格、あまり好きじゃない。だけどね、わたし、あなたの顔…大好き。みんなはどう思ってるか知らないけど」

 今回は、こういう話です。 

よく狙え

 内田さんが学生との飲み会で、「男の騙し方」について語ったところ、女子学生が群がってきて注意深く傾聴したとのこと。内田さんは「男を落とすコツ」的は二つだと言います。その的とは「才能」と「容貌」です。

 ここからは、すべて引用です。

男を落とす一つ目のポイント:「才能」 

「あなたには才能があるわ。他の人には見えなくても、私にはわかるの」

と上目遣い斜め45度の視線で決めれば、まず80%の男は落ちると断言してよろしいであろう。

 (控えめに言って)世の80%の男たちは自分には才能があり、かつそれが世間から正当な評価を受けていないことにフラストレーションを抱いている。だからこそ、このひとことであっけなく落ちる。問題は、そのように「自己評価」と「外部評価」の間にストレスフルな「ずれ」がある場合、高い確率で外部評価のほうが適切だということである。

 「才能」の甘言をもってしても陥落しない20%の男というのは、

「自分には才能がないはずなので、この女は嘘をついている」

と考える人間か、

「自分には才能がありすぎるからこそ世人の評価になじまないのであって、こんな女ごときに私の才能がわかるはずがない」

と考える人間のいずれかであるが、前者は猜疑心が強すぎ、後者はバカなのでいずれも配偶者とするには足りないので無視してよろしい。

 ただし、「才能」路線で攻めることができるのは、あくまで「自己評価と外部評価の落差に苦しんでいること」が条件となっており、実際には、ある程度社会的経験を積んで、適度に「練れてきた」男の中には「自分のバカさ」についてかなり適切な自己評価を下しているものがおり、その場合は「才能」の語をもってしてもはかばかしい反応を示さないことがある。

 だが、このような「練れた」男こそ配偶者にはふさわしいわけであるから、手を緩めることなくさらなる二次攻撃が展開されねばならない。それはルックスである。

男を落とす二つ目のポイント:「ルックス」

  才能で落ちない男も落ちるのはルックスについての賞賛である。

 すべての男は(驚くなかれ)、自分の容貌にある種の自信を有している。

 「こういう顔が好き」という女性が世界のどこかにいるかもしれない…というはかない期待を胸にすることなしに男は一秒とて生きることのできない悲しい生き物なのである。

 だから、

「あなたには才能があると思うの…」

で落ちなかった男も

「私、あなたのルックスが好きなの」

 にはあっという間に崩れ去る。

  嘘だと思ったら、やってごらんなさい。

 やれば、わかる。

 なぜこれほど「ルックスへの言及」が効果的であるかというと、才能については外部評価が「学歴、IQ、年収、名声、威信」などという考量可能な指標で示されうるども、容貌には外部評価が存在しないからである。「きれい」と思えば、「毛虫だってきれい」なのである。

 私は若かりし頃、ある女性に

「ウチダくんって性格最悪だけど、顔が好き」

と言われたときにそのまま昏倒しそうになったことがある。

 オトコゴコロを押さえた端倪(たんげい)すべからざる女性であったと言わねばならない。

「いい人だけど顔はイマイチ」

と言われるのと

「ワルモノだけどいい男」

と言われるのと、どちらを選ぶか。

 答えは明らかである。

 というわけで、配偶者をお求めの女性諸君には、標的とされた男性については、まず「隠れたる才能を評価し」、ついで「ルックスをたたえる」という二段構えで攻撃した場合、きわめて高い確率で成果を挙げうるということをご教示しておきたい。

 言っておくが「人間的な暖かさ」とか「器量の大きさ」とか「優しさ」などというものについては、いくらほめられても男は微動だにしないので言うだけ無駄である。

「顔は便所のスリッパみたいだし、知能指数はネコレベルだけど、優しくて暖かい人なの」などと言われて喜ぶ男は存在しない。

 

 すべて引用です。これ、おそろしいほどあてはまると思います。最初に書いたセリフは、この文章をふまえわたしが考えたものです。もう一度書きます。

「あなたの顔、正直タイプじゃない。だけど、本当に優しい。あなたみたいな優しい人、わたしはじめてかも」

 と、

「あなたの性格、あまり好きじゃない。だけどね、わたし、あなたの顔…大好き。みんなはどう思ってるか知らないけど」

 二つ目のセリフの方がおすすめです。「優しい」って言われても正直なんとも思いません。顔を褒められて内田さんは倒れそうになったと言ってます。わたしもそうです。「性格なんてどうでもいい。とにかくあなたの顔が大好きなの」って言われて落ちない男はいないと思いますよ。あと、書いていて思ったのですが、「あなた」の部分、相手の名前にした方がいいと思います。「ウチダさん」とか「ケントくん」っていうように。

 「人は見た目じゃない」なんて言いますけど、見た目をほめられると嬉しいものです。 

yama-mikasa.hatenablog.com

 女性はどうでしょう。家人に聞くと全然あてはまらないって。ほんとですかね。 

yama-mikasa.hatenablog.com 

yama-mikasa.hatenablog.com 

yama-mikasa.hatenablog.com 

yama-mikasa.hatenablog.com