読書生活 think it over

本や新聞を読んでいます

「西野カナ 恋する気持ち 歌ってみた」が凄いの話 あとPitbullとAviciiも 

    仕事をするとき、音楽をよく聞きます。作業用BGMがたくさんあげられていてとても便利です。めったに聴かない洋楽を聴いて、いい曲だな、と思ったら買います。わたしはテンションがなかなか上がらないので、元気をくれる曲がお気に入りです。

 たとえば、ピットブル。この人たちのエネルギーというかパワーというか、どこからきているのでしょう。毎朝、車でがんがん聴いています。意識はほとんどない運転手ですが、その車の中ではピットブルが熱唱しています。

 ピットブルという犬がいて、その犬に似ているからピットブルというのだそうです。

 ところで、西野カナさんって知っていますか?職場の同僚とカラオケに行ったときに、誰かが「トリセツ」という歌を歌ったんですよね。聞いたことはもちろんありましたが、そのカラオケ画面で歌詞をはじめて知りました。

もしも

涙に濡れてしまったら

やさしくふきとって

ぎゅっと

つよくだきしめて

あなたにしかなおせないから

 いやあ、本当に清々しい、そうそうそうそう、そういうもんです、そんな時代もあったあった、キュンキュンどころかギュンギュンしてしまい、仕事のときに西野カナさんをよく聞くようになりました。

 中にはギュンギュンを通りこして、笑う、いや違う、ほほえんでしまう歌詞もありました。たとえば、

「あいたくて あいたくて ふるえる」

ってすごいですよね。あと、

「まなつの こいが こごえてる」

意味はよくわかりませんが、とにかく、その愛情のおそろしいまでの大きさに、わたしもこごえるおもいがしました。

 その中で、お気に入りの曲を見つけました。「恋する気持ち」という曲です。

絶対ありえないけど

二人でどこかへ

抜け出そうなんて

言われたりしないかな

 

絶対ありえないけど

耳をすましたら

心の声が聞こえてこないかな

 「あるかもしれないよ」とつい言ってあげたくなります。

  で、なにが言いたいのかといいますと…。

 この歌だけ、なぜか動画があまりなくて、わたしはいつもこれを聴いていました。

 仕事をしているときには、イヤホンつけて聴いています。「よし、今日は西野カナちゃん聴くぞ」という気持ちがあるわけでなく、あくまでBGMとしてです。

 家で、イヤホンなしで聴きながら仕事してたら、うちの息子が、「西野カナなんて聴くんだ。へえー」と話しかけてきます。しばらくしてから、「それ、なんか変じゃない?西野カナじゃないでしょ」と言います。本人じゃないんじゃないの?というので、調べてみたら、

これ、「歌ってみた」でした。

 この人、本当に上手です。で、本物はこれだ!とここに動画を出そうと思っても、なぜか見つけられないんです。ショートバージョンのものはあるのですが、完全なものが見つかりません。だから、紹介できません(涙)

 ところで、「歌ってみた」っておそろしいですよね。そういう人たちがいることを、今回はじめて知りました。なんていう強心臓、アイアンハート!中にはとんでもなく残念な人(失礼!)も動画をあげています。なぜ?

 今は、朝の車の中で、ピットブルと西野カナちゃんがわたしを起こしてくれています。

 一番のお気に入りは、Aviciiの「Wake Me Up」です。なにしろ「起こせ!」ですからね。ふざけた曲かと思いきや、深い曲なんです。「起こすな!」と言ってます。

 ちなみに、この歌にも「歌ってみた」があり、その中には「日本語訳で歌ってみた」があります。あえてここではあげませんが、わたしはいかがなものかと思いました。