読書生活 think it over

本や新聞を読んでいます

やくみつるさんはたいしたもんです

 朝日新聞6月10日の朝刊です。やくみつるさんの風刺絵とコメントがのっていました。わたしにその画像をのせる技術がないので紹介できませんが、上手なんです。これって、新聞を写真で撮ってそれを載せるしか方法はないのでしょうか。

 コメントだけ紹介します。おもしろさは半減しますが。

 安倍政権をちくっと刺す「あいうえお作文」です。ではいきます。

 

「あ」あやしいぞ

    じゅういがくぶで

     かけにでる

 

「い」いたいとこ

    つかれとたんに

     にばいそく

 

「う」うさんくさい

    ともとくりだす

     ゴルフじょう

 

「え」えこひいき 

    ではすまされぬ

     おつきあい

 

「お」おかしいな

    やることなすこと

     おかしいな

 

 イラストももちろんですが、この作文見事です。

 

 それにしても、最近の安倍政権はひどすぎます。もうコメントのしようがありません。ふしぎなことに、それほど腹もたちません。以前はあれだけ怒っていたのに。 

yama-mikasa.hatenablog.com 

yama-mikasa.hatenablog.com 

yama-mikasa.hatenablog.com

 もう慣れちゃったんですかね。でも、それこそ彼らの思うツボです。声はきちんとあげないと何も変わりません。がんばって怒らないと。

 そういえば、以前安倍さんが、「読売新聞を読んでください」と言ってましたね。たしか、「読売新聞にはわたしの主張が正しく書いてある」というようなことを言っていた気がします。

 読売新聞はそう言われてどう思ったのでしょうかね。政府の御用新聞と言われたようなものです。次の日の社説、読んでみたかったです。「安倍さん、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」とでも書いてあったのでしょうか。

 もっと気になるのは産経です。産経はどう思っているのでしょう。「うちをさしおいて読売ってどういうことっすか!」ってとこかな。