読書生活 think it over

本や新聞を読んでいます

100記事、3か月達成しました!

f:id:Yama-Mikasa:20170527231922j:plain

 ブログをはじめようと思ったきっかけは、2月にぶらりとコンビニで立ち読みした雑誌です。アフィリエイトで副業しようという内容でした。ブログでお金を稼ぐ、月100万円も夢ではない、と書いてありました。あなたが寝ている間も、あなたが書いたブログが「飢えたライオン」のように狩りに出て稼いでくれる、とも書いてありました。

 その雑誌の通りにやってみました。デジタル音痴のわたしですが、写真付きでわかりやすく説明してあったので何とか開設できました。その雑誌では「はてなブログ」を例にとって説明していたので、わたしももちろんはてなブログです。

 最初の投稿日は2月11日です。今でもはっきり覚えています。「アクセス解析」で、何人の人が見に来てくれているのか調べました。最初の頃は、0人とか1人なんですよね。これって、わたしのことじゃないかと、自分で書いたものを自分で見ているだけなのでは?と思いました。

 その雑誌には、一記事に1000文字以上書け、3カ月以上書け、100記事書け、とありました。何かに特化しろ、ともありましたのでわたしは読書にしました。その雑誌でも「読書のネタは星の数ほどある」とおすすめしていましたし、わたしの趣味も読書くらいしかなかったのでちょうどよかったです。

 その雑誌の最後に、確定申告について書いてありました。確か、年間24万円以上稼ぐと職場にばれるから注意しろとありました。逆に言えば24万円以下なら何の問題もない、ということのようでした。夢は膨らむ一方です。

 ところが、会社のなかよしの事務方に副業について確認したところ、それはまずい、と釘をさされました。「それだけ稼いだらおそらくばれる。ばれたらおそらく…」と忠告されました。そこで「3か月、100記事書けたときにもう一度考えよう」と決めました。

 そして、数日前達成しました。その間、アクセス数とおおよその料金について調べてみたところ、どうやら「年間24万円」は凄まじく高い壁であり、わたしごときには不可能なことがわかりました。月に数十万アクセスが必要らしいです。いやいや絶対無理です。月100万円?飢えたライオン?何を言ってるんだか。わたしのブログは水を吐き続けるシンガポールのライオンです。そんなこと言ったらマーライオンに失礼ですね。

 今は、そんなよこしまな考えは捨て、本や新聞を読み、考えたことを書く、このことのみに専念しています。

 書くことを意識して読む、そんな経験がなかったので、読書に対する姿勢がずいぶん変わりました。少しは考えながら読むようになっていると思います。

 書いたものを見返してみると、「自殺」とか「仕事嫌だ」とか陰々滅々となる記事が多く、逆に笑えます。 

yama-mikasa.hatenablog.com 

yama-mikasa.hatenablog.com 

 また、書き方の問題だとは思いますが、病院の待合室で立ち読みした『女性自身』の蛭子さんのおっぱいの記事と、何か月もかけて読んだ司馬遼太郎の『坂の上の雲』の児玉さんの記事が、同じ一記事(いちきじ)なのも複雑な気分です。閲覧数もさほど変わりません(涙)。 

yama-mikasa.hatenablog.com

 

yama-mikasa.hatenablog.com

   一番多く読んでいただいた記事は、これです。

yama-mikasa.hatenablog.com

 時間があるときに、ブログのデザインをスマートにしたいです。たとえば、みなさんのブログの多くは横幅を広くとってらっしゃる。あれ、どうやってやるのでしょう。また、ボタンが立体的になっていたり、一番上のページが有名ホテルのホームページのように横並びで、「紹介」「アクセス」「予約」とかクールなやつ、あれもどうやったらいいのかさっぱりわかりません。伝わりますか?

 ほかの方のブログを見るのも楽しいです。このnukoさんのブログをよく見ています。すると、nukoさんも同様の記事(100記事達成)を書いているではありませんか!このnukoさんのブログ、クールなんですよ。おしゃれだなと思うブログです。内容もしっかりされています。まだお若いのに。

 このnukoさんの記事にもあるのですが、自分のアクセス解析の画像なども、どうやってのせるんでしょう。うーん。リンクでできるのかな。それから、こういうのは、nukoさんに許可を取ってからのせるものなのでしょうか。

3years.hatenablog.com

 まだ書くことがいやになっていません。もう少し続けられそうです。これからもよろしくお願いします。