読書生活 

本や新聞を読んでいます

没後20年 司馬遼太郎展「21世紀 未来の街角で」

この記事をシェアする

 わくわくがとまらないぞ。

 今日、妻と横浜そごうに行きました。全く価値観の異なる二人、横浜に着いたら別れ、数時間後に本屋で待ち合わせというパターンが多いです。今日もそのコースで待ち合わせ、横浜そごうで夕食用の弁当を買いました。そごうの出口にそごう関係のちらしがあり、そこにあるちらしを見て「司馬遼太郎展開催」を知りました。

 期間は、6月2日(金)~7月9日(日)まで。場所はそごう横浜店6階のそごう美術館。特別記念講演会が3回あります。日時と内容は、

 「担当編集者の見た司馬遼太郎

 日時:6月3日(土)午後2時から

 講師:村井重俊氏(週刊朝日編集委員

 

 「司馬文学にみる峠と横浜」

 日時:6月10日(土)午後2時から

 講師:増田恒男氏(司馬遼太郎記念館特別学芸員

 

「司馬文学にみる胡蝶の夢と横浜」

 日時:6月17日(土)午後2時から

 講師:増田恒男氏(司馬遼太郎記念館特別学芸員

 そのちらしを取ろうと手を伸ばすと、私より先に妻の手が伸びました。歴史に全く興味のない妻がどうした?と一瞬思いました。しかし、次の瞬間納得です。妻は、司馬遼太郎展のちらしの隣にあるちらしを手に取ったのです。

感動をありがとう

「愛されるヒロイン浅田真央」報道写真展

 会期:2017年5月6日(土)~5月10日(水)

 場所:そごう横浜店8階特設会場

 妻は浅田選手が大好きです。何度も繰り返しますが、私たち二人は全く趣味趣向が違います。その二人の好みが隣同士に置かれている状況に驚きました。「浅田真央」と「司馬遼太郎」が隣にいることなんて、今までもありませんでしたし、これから先もないでしょう。私は、浅田選手に少しは興味がありました。しかし、妻は司馬さんに全く興味がありません。

 私は一人でも行こうと思っています。どれにしようかな?編集者の話か、峠かな。事前申し込みが必要だそうです。