読書生活 think it over

本や新聞を読んでいます

なぜ、有吉さんやマツコさんは炎上しないのか?

 ネットで炎上する有名人が多いようです。古くは、テレビ番組「逃走中」で自首し賞金を手にしたドランクドラゴンの鈴木さん。最近は、不倫をすっぱ抜かれて政界進出を断念した乙武さんなど。

 しかし、世間には毒舌でありながらあまり炎上しない有名人もいます。たとえば、有吉さんやマツコさんです。なぜ彼らは炎上しないのでしょう。

 社会学者の古市さんはこう言っています。

彼らが炎上しない最大の理由は、「うらやましくない」からだ。

と。古市さんによると、有吉さんは猿岩石として一世を風靡した後、不遇の時代が長く、一時期は自殺を考えたことまである。また、マツコさんは、遅咲きのブレイクであることに加えてあの体形ゆえに、世の人が「うらやましい」と思わないのだろう、と。だから、炎上しないのではないか、と。

 そして、

 その意味でいえば、乙武さんの炎上は画期的です。あれほど嫉妬の対象になった障害者はこれまで聞いたことがありません。みんな、乙武さんがうらやましかったのかあ。

と述べています。

 ん、待てよ。ドランクの鈴木さんは「うらやましい」ですか?どうでしょう。私は彼のこと好きですが、うらやましくはないですね。同様に、有吉さんやマツコさんも好きですが、「うらやましくない」から炎上しないというのは違うと思います。

 有吉さんやマツコさんが炎上しないのは、「うらやましさ」ではなく、話術かな、と。「毒舌」を売りにしながらも、相手の怒りを笑いに変える見事な話術だと思います。

 彼らの発言に怒った相手も、会場が爆笑に包まれたらそれは結果的には成功であり、感謝こそすれ怒りにはならないでしょう。視聴者の中には怒っている人もいるかもしれません。しかし、有吉さんやマツコさんが毎日のようにテレビに出ている事実こそが、視聴者に彼らが受け入れられている証拠だと思います。