読書生活 

本や新聞を読んでいます

籠池理事長 証人喚問

この記事をシェアする

 証人喚問まであとわずか

 当初、安倍さんは森友への国有地払下げや学校認可について、「自分も昭恵さんも何ら一切関与したことはない。もしそんな事実があったら議員も首相を辞める」と早々と発言しました。

 私も、安倍さんはそんな口利きしていないと思います。事務所としても、そんな陳情には取り合わなかった、というところでしょう。

 ただ、安倍さんは、森友学園問題がここまで問題になるとは思ってもいなかったことでしょう。ここまで、メディアや世論が騒ぐとは思っていなかったのではないでしょうか。さすがの安倍さんも焦ったと思いますよ。「焦った」と過去形で書いているのは、もうすでに証人喚問を盤石の状態にしているからだと思うからです。残念ですが、もう焦っていないと思います。

 安倍さんが見誤ったのは、森友問題の「わかりやすさ」です。9億円と値が付いた国有地がごみを理由に8億値切られ1億円となること、教育勅語を暗唱させられた子どもが、「安倍首相がんばれ!」と叫んでいる動画ニュース、これがどれだけ国民世論の関心を呼ぶかについての想像力に欠けていたと思います。

 自身が法的、政治的に無関係であれば、いずれ安倍一強の下、メディアも静まると安直に構えていたのではないでしょうか。

 土地払下げをした近畿財務局も、学校認可を一時前向きに検討していた大阪府も、森友側に都合のいい対応をしていた疑いは拭えません。なぜこうなったのか。納得のいく回答が出るまで(わかりやすい問題ゆえ、わかりやすい回答をのぞみます)くすぶり続けることになると思います。

 首相夫人である昭恵さんが、名誉校長という事実上の広告塔として使われています。寄付金集めや役所対策に利用されていた公算が大です。その一点で、国政の最高責任者としてモラル面での責任は免れません。

 なぜ、そんな当たり前の対処ができなかったのか。周辺も誰も換言できなかったのはなぜか。はだかの王様ここに極まれりです。証人喚問で解明されることを願うのみです。冒頭に書いたように、あまり期待はしていませんが。