読書生活 think it over

本や新聞を読んでいます

稲田さんはアウトだ

「10年ほど前から会っていない」だと?

 世間を賑わせている森友学園問題。森友学園理事長の籠池さんとの関係を問われた稲田さんは、13日に

「10年ほど前から、もう全くお会いしていないし、関係を絶っているんです」

と答えています。稲田さんが籠池さんの顧問弁護士だったのでは?との質問にも

「全くの虚偽だ」

と切り捨てたとのこと。(朝日新聞2017、314)

 

 しかし、今日の夕方のニュースによると、民進党升田世喜男氏の質問に

「(13日の参院予算)委員会で突然、12年前の資料に基づく質問をされ、全く私の記憶に基づき答弁した。今朝の報道で、13年前の裁判所の出廷記録が掲載された。2004年12月9日、夫の代わりに出廷したことを確認できたので、訂正しおわびする」

と述べたといいます。(朝日新聞デジタル 314)

 

稲田さんは、
「相談を受けたこともない」「裁判を行ったこともない」

などと今まで答弁してきました。

「突然質問されたから、私の記憶に基づいて答弁した」?

怪しかったら、「確認する」と言えばいいだけのこと。こんなふざけた嘘が通るなら、もう何でもありです。もし、これを「嘘」と認識しておらず、「事実を述べている(本人が信じれば事実ではない出来事も本当のことと思い込んでしまうことが、人間にはあります)」と確信していたのであれば、弁護士も、国会議員も失格です。こんな大事なことを完璧に忘れるなら、若年性の痴呆を疑った方がいい。辞職して、病院に行くことをお勧めします。

 

 そもそも、首相夫人がこの学校の名誉校長だったことも問題です。

「大人の人たちは、日本が他の国々に負けぬよう、尖閣諸島竹島北方領土を守り、日本を悪者として扱っている中国、韓国が心改め、歴史で噓を教えないようお願いいたします」

こんなことを、幼児に言わせるなんて。

「安倍首相がんばれ、安倍首相がんばれ」

こんなことを、幼児に言わせるなんて。

 民主主義の世の中である故、こういう学校があってもいいかもしれません。しかし、首相夫人が名誉校長をつとめる学校が、こうであってはいけません。首相夫人が名誉校長となり、その学校の児童に「安倍首相がんばれ」と連呼させ、防衛大臣がその学校の理事長の元弁護士。これで辞任に追い込めないようなら、野党の存在意義はありません。

 稲田さんは、靖国を訪れたといいます。靖国には様々な思いがあり、是か非かとは軽々に言えません。しかし、こんな二枚舌を、大村益次郎が受け入れるとは思えません。