読書生活 

本や新聞を読んでいます

この世の地獄 「闇の子供たち」梁石日

この記事をシェアする

f:id:Yama-Mikasa:20170227195122j:plain

この世の地獄がここにある

貧困に喘ぐタイの山岳地帯で育ったセンラーは、もはや生きているだけの屍と化していた。実父にわずか八歳で売春宿へ売り渡され、世界中の富裕層の性的玩具となり、涙すら枯れ果てていた

 タイやその周辺国における、幼児売春、臓器売買の話です。

 親から風俗斡旋業者に売られた子どもたち。世界中から来る変態たちに、考えられるありとあらゆるサービスを行うことで、何とか生きながらえます。

 親に売られた時点で、その子は消えてもいい存在になるわけです。闇の中で生き、闇の中で死ぬか殺されるか、短い生涯を終えます。だから「闇の子供たち」なんですね。

 何とか逃げられても、生きる場所がありません。路上には、ストリートチルドレンがあふれ、縄張りを荒らされないよう、煙草をふかしながら交代で見張っています。

 エイズになり、動けなくなって、大型焼却場に捨てられる子どもが登場します。必死の思いでビニール袋を破り、故郷の村まで歩いて帰ります。

「家族に会いたい」

ただそれだけを願って歩き続け、ようやく村に着きます。

 村に帰ると、両親が困った顔をしています。そりゃあ、そうでしょう。その子を売ったお金(日本円で36000円)でテレビを買い、そろそろ下の子も売ろうか、と考えていたわけですから。知らん顔もできません。みんな、この子がその家の子だって知ってますから。庭に木で柵を作って(牢屋のようなもの)、そこで食べ物を与えます。早く死なないかなあ、と思いながら。

 社会福祉センターなどが日本人とともに助けようとしますが、軍も警察も行政も斡旋業者に買収されているため、ほぼ効果がありません。最悪殺されます。とにかく厳しい状況が執拗に緻密に繰り返し描かれています。

 この本、そこそこ売れているようですが、最後まで読み通せる人がそんなにいるのかと驚きました。わたし、これは途中で何度か目をそらす描写がありましたから。貧困に対する考え方が日本とは全く違うようです。セーフティーネットなど一切ありません。

 映画化もされています。見ました。しかし、映画では、本作のよさがあまり生かされていない気がしました。この本のよさは、この世の地獄に生きる子どもの細かく具体的な描写です。それが描けません。そりゃあそうです。こんなこと、映像化できるはずがありません。2時間の枠の中でうまく表現しきれていない、という印象を受けました。脚本と、映像がぎこちない感じです。

 断然文庫の方がおもしろいです。核心にせまっていると思います。 

 児童買春目的でこの国に多くの日本人が訪れているとのこと。この世の地獄とはまさにこのことです。世界の闇は恐ろしく暗く深いです。何か辛いことがあった人は読むといい。本当の地獄がここにありますから。