読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の「せっかち」は遺伝でした。年を取れば取るほど、距離を置いているにもかかわらず親に似てくる。 

昔からせっかちで、人を待つのも待たせるのも嫌いです。私の周りにはのんびり屋さんが多く、いらいらすることばかりです。特に妻はのんびりでマイペース。彼女と結婚して15年以上たちますが、彼女を待っている時間の総量は凝縮すると私の人生の中の2年く…

下駄箱に下駄は入れないし、筆箱に筆は入れない

息子の授業参観での出来事です。新規採用の若い先生が、後ろで立っている親に向かって「父兄の皆さん」と声をかけたところ、親の一人が「先生、父兄ではなく保護者ですよ」と言い返したとのこと。 険悪なムードになったわけでなし、そのお母さんも陽気で明る…

「12-5」を頭の中でどうやって計算していますか?

いきなりですが、みなさんは、12-5をどうやって計算していますか?ほとんどの人は一瞬で「7」と出ると思います。暗記していますよね。無理矢理考えたらどうなるか、お聞きします。ではいきますよ。 ①12からまず2を引き、12-2は10。10から残…

眼鏡を口ほどにものを言う

「メイプル超合金」の、安藤なつがテレビに出ていました。彼女のおでこにプルンプルンのゼリーを乗せて、顔の筋肉を動かしてゼリーを移動させ、口に入れたら成功というよくわからないチャレンジに挑戦するところでした。そのチャレンジのために彼女が眼鏡を…

「寧為鶏口、無為牛後」 かっこいい言葉

寧(むし)ろ鶏口(けいこう)と為(な)るも牛後(ぎゅうご)と為(な)る無(な)かれ 中国のことわざ、格言です。「牛のお尻より、鳥の口となるほうがいい」というのですが、「大きな組織の末端よりも、小さな組織のトップになりなさい」という意味のよう…

新年度初出勤の朝   

地下鉄に乗りました。意外に空いていました。その車両の乗客はたった二人、私の前には初老の女性が一人座っているだけでした。発車のベルが鳴り、鞄から読みかけの本を取り出そうとしたとき、一人の女性があわてて駆け込んできました。そして、ふうっとため…

肉体的コンプレックス

物心ついた時から、私は背が低かった。小学校は6年間ずっと先頭だった。よく言う「前へならえ」で、私は手を挙げたことがなかった。私は前にならったことがなかったことになる。私は前へならわず、私はいつも、みんなからならわれる「前」だった。 中学でも…

駐車場にて

昨日のこと。 近所のスーパーが混んでいました。 駐車場も満杯で、駐車待ちの車で10台ほどの列ができていました。 前の車に続いて、駐車場内にどんどん進みます。 すると、私が運転している車の左横に駐車していた車に、買い物を終えた人が戻ってきました。 …