読書生活 

本や新聞を読んでいます

「居間のローテーブルの下の鉄柵部分にカバーの外された『蜜蜂と遠雷』がさりげなく置いてある謎が解けた」という話

わたしの家の居間のローテーブルの下の鉄柵の部分に、カバーを外された『蜜蜂と遠雷』が置いてあります。その理由がずっとわからなかったのですが、先日わかったという話です。『蜜蜂と遠雷』は家人のものです。カバーが外されています。あの本、カバーを外…

不退転の決意をもって結婚しろ、という話

わたしが言っているわけではありません。内田樹さんがそう言っているのです。 結婚を意識している方へ 結婚の現実 離婚率が上がっている 不退転の決意で結婚しろ 結婚を意識している方へ 結婚を意識しているくらいですから、お付き合いされている人がいるの…

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』東野圭吾

9月23日に公開される映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の原作をもう一度読んでみた 大好きな作家の一人です。よく読みます。わたしは『白夜行』『手紙』『さまよう刃』などが好きです。もちろん、この『ナミヤ雑貨店の奇蹟』も大好きです。 9月23日に公開される映…

『ナミヤ雑貨店の奇跡』ではなくて『ナミヤ雑貨店の奇蹟』だよ、という話

誤字には気をつけましょう やってしまいました。痛恨です。 司馬遼太郎が好き、小説『セキガハラ』が好き、映画『セキガハラ』がつまらない、なんていう記事をガツガツ書きながら、字を間違えていた、という悲しい話です。わざとここではカタカナで書きまし…

人を動かす3つの方法 『プロ野球 奇人変人列伝』野村克也

野村監督が、今まで出会った選手を独自の目線で鋭く斬る、そんな本です。長嶋茂雄、王貞治、川上哲治…。彼らの知られざる一面がのぞける興味深い本です。 この本の中に「やっぱり天才は変わり者だった」という章があり、新庄剛志選手が紹介されています。 野…

『いのちの食べかた』森達也 肉を食べるということはどういうことか 

屠殺(とさつ)の話 肉の話です。と言っても、肉の味ではなく「屠殺」(とさつ)の話。 肉はどこからやってくるのか…。「この問題にはあまり触れない方がいい」と誰もが思っています。 牧場でのんびり草を食べる牛の姿に、わたしは何の不快も感じません。ま…

『正直』 松浦弥太郎 

『正直』という本を松浦弥太郎さんが書いています。その中に「素直」という題の文章がありました。 「素直」 なにごとにも知らんぷりする無関心な人がいる。 見るもの聞くものに、「わあ、すごい!」と感動する素直さなんて、子どもにすらないという話も聞く…

「共布」が読めない 

『月の満ち欠け』の1ページ目 第157回直木賞受賞作『月の満ち欠け』の1ページ目にこんな文章があります。 白髪まじりの男が、会社の創立記念パーティーなど特別な日のための、取っておきの背広を普段着のように着こなして、ゆったり腕時計に目をやっている。…

横書き文書では英数字を半角にする 『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』河野英太郎

グローバル標準で全角はありえない みなさんは、「2017年」派ですか?それとも「2017年派」ですか?数字を全角にしますか、それとも半角にしますか?。わたしは全角派でした。「2017年」だと、文字に比べて数字が小さくバランスが悪いかなと思っていたか…

信頼関係の築き方 『負けを生かす技術』野村克也

人を教えるって難しいことだと思っています。最近テレビで「厳しい先生が子どもを指導する」というような内容の番組が放送されていました。どうも素直に受け入れられないんですよ。どこの学校にも一人はいる体罰まがいの先生。なぜ殴る、なぜ怒鳴る、なぜ言…

 『「科学的思考」のレッスン』戸田山和久 

松山千春さんの神対応 8月22日の朝日新聞です。松山千春さんの神対応を取り上げています。 www.asahi.com 出発が遅れた飛行機で、乗り合わせていた歌手の松山千春さんが歌を披露したといいます。「いらだつでしょうが、みんな苦労していますから待ちましょう…

映画『関ヶ原』感想  

見終わって一日経過しました。今なら落ち着いて感想を書けそうです。 改ざんしたところが物語の核となっている 小早川、おかしいでしょ! 三成、初芽に手を出してますから! 原作と映画の関係 おまけ 改ざんしたところが物語の核となっている あの映画、制作…

男子の射抜き方 『ひとりでは生きられないのも芸のうち』内田樹

言われたらどっちが嬉しいですか? 「あなたの顔、正直タイプじゃない。だけど、本当に優しい。あなたみたいな優しい人、わたしはじめてかも」 と、 「あなたの性格、あまり好きじゃない。だけどね、わたし、あなたの顔…大好き。みんなはどう思ってるか知ら…

がっかり

映画『関ヶ原』見てきました。 この話は、今日でおしまい。 勝手に一人で盛り上がったわたしが悪かったのです。 落ち込んでテレビをつけたら、24時間テレビの裏でゴッドタンスペシャルやってます。 ベッキーが出てます。 ふっきったなあ。 数年前までは、あ…

映画『関ヶ原』 原作司馬遼太郎 今から見に行ってきます! 

楽しみです。わくわくが止まらないぞ。見どころは、 島左近、直江兼続、大谷吉継の三人の勇猛果敢ぶり です。大谷吉継が裏切った小早川に立ち向かうシーンや、死に狂いの島左近隊の暴れっぷりが見たいです。陰謀や手回し、そういうのより、スカッとしたいん…

『関ヶ原』司馬遼太郎 石田三成に命を託した三人の武将

映画『関ヶ原』公開直前 もうすぐ映画『関ヶ原』が公開されます。原作は司馬遼太郎の『関ヶ原』です。 石田三成は、江戸時代300年の間、幕府に憎まれ続けました。三成を奸人とし続けることで、豊臣家の権力を奪った徳川家の立場を正当化しようとしたからです…

少しの工夫で大きく変わる 文章がすぐうまくなるコツ 『知的文章術』外山滋比古

知ってすぐ使える技術 「たくさん読書をする」「名文を視写する」など数年先を見越した鍛練的なものや、「とにかく書く」「力を抜いて書く」などの精神的なものについても触れられています。ここでは、その中の即戦力となりそうな技術を拾ってみました。 1 …

「弓聖」阿波研造 『日本の弓術』 オイゲン・ヘルゲル

無術の術に至る道 剣道・柔道・華道・茶道・書道‥。日本にあるこれらの「道」。道を究めた達人がいて、その達人について道を究めようと修行に励む。その道を1ミリも歩いたことがないへなちょこなわたしですが、あこがれはします。わたしはその道を歩めません…

男が道路側を歩くのは、女性にうんこがかからないようにするためなんだって

集団下校 小学生のとき、集団登校をしていました。地区ごとに朝決められた場所に集合し、2列で登校する、というものです。 わたしは今、実家とずいぶん離れたところに住んでいますが、このあたりでは行われていないようです。 2列の並び方にはきまりがありま…

青春小説、青春マンガの書き方

あなたも人気作家になれる 青春小説をざっと読んで、ある共通点が見えてきました。この共通点をおさえたら、青春小説(青春マンガ)が書けるようになるのでは?その共通点を踏まえ、青春小説(青春マンガ)の書き方をまじめに書いてみます。 1.友情か恋愛のど…

『峠』司馬遼太郎がすごい 

『峠』をじっくり読んでみた。「北越の蒼龍」「ラストサムライ」河井継之助の名言 人間とはなにか、ということを、時勢に驕った官軍どもに知らしめてやらねばならない。驕りたかぶったあげく、相手を虫けらのように思うに至っている官軍や新政府軍の連中に、…

読書の意義は悩み苦しむ心を和らげるため 

図々しく生きていく 8月14日(月)朝日の朝刊です。「Voice声欄」に高校生の投稿がありました。 見出しは、 夏目先生 私も「牛」で行きます 高校生 東京都15歳 です。この子、とてもさわやかです。 書き出しはこんな感じです。 夏目漱石先生。初めてお手紙差…

初めての戦争文学8選 

太平洋戦争を読もう はじめて読んだ戦争モノは『黒い雨』でした。それから、年に1~2冊くらいのペースで、戦争モノを読むようにしました。体験談をまとめたものや、写真集やノンフィクション系のものも読みましたが、やっぱりわたしは小説で読む方がすきです…

「さびしさ」と「死」について  『定年後』楠木新

前のめりに生き、死ぬ 日本人男性は世界一孤独なのだそうです。「仕事以外のサークルがあるか」という問いに「全くない」「ほとんどない」が16.7%と他国を大きく引き離し1位なのだとのこと。たしか2位は9%だったかな?(『定年後』楠木新さんより)…

失敗や負けは人生の糧となる 『負けを生かす極意』野村克也

厳しく知的な方。野球を知らないわたしも読み入ってしまいます。野球理論の本ではなく人間教育論です。野球を通して具体的、実践的に人間を語っています。 引用ばかりになりますが、すみません。 失敗について 練習で100回中99回は取れるボール。その残…

キュンキュンするおすすめ青春小説7選

忙しい日々を送っていると、つい青春時代を思い出したくなります。負けたくない!と必死で走っていたあの頃、好きな女の子にどうしたら振り向いてもらえるか、そればっかり考えていたあの頃、友達と自分の関係性に悩んでいたあの頃。日常のストレスを吹き飛…

人はなぜモテたいのか?『一行バカ売れ』川上徹也

モテたい気持ち 昔はモテたくてモテたくて‥。とにかく女性にモテたかった。好きな子はもちろん、好きじゃない子にもモテたかった。美人にはもちろん、美人じゃない子にもモテたかった。女性にモテたかった!(本音を書いてしまった…)。 yama-mikasa.hatenab…

夏の表現

いろいろなところから、夏の表現を集めました。随時更新しています。 暑さ 蝉 雲 湿度の高さ 「ねっとり」「まとわりつく」 空 強烈な陽射し 色(藍) 色(白) 色(薄紫) 色(青 紺碧) 色(緑) 色(紅) 汗 満月 風 花 夕立ち 暑さ 峠の頂上は、椚林にな…

難民を助けるためにお金を出す人はほとんどいない 『功利主義入門』児玉聡

「目の前に困っている人がいたら可能な範囲で助けるが、アフリカの難民が二百万人と聞いてもなにもしない」 これ、本当のことだそうです。 「ホテルルワンダ」という内戦の渦中にあるルワンダを描いた映画があります。主人公のポールは、高級ホテルの副支配…

恋愛の名言や表現

おもしろい国語辞典で有名な『新明解国語辞典』で、「恋愛」という言葉を引くとこのように出ています。 特定の異性に対して他の全てを犠牲にしても悔い無いと思い込むような愛情をいだき、常に相手のことを思っては、二人だけでいたい、二人だけの世界を分か…