読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

命をかけるとは 「若きサムライのために」三島由紀夫

口だけでない「命をかける」 男の生活と肉体は、危機に向かって絶えず振り絞られた弓のように、緊張していなければならない。平和ボケと現状肯定に寝そべる世相を蔑(なみ)し、ニセ文化人の「お茶漬けナショナリズム」を罵り、死を賭す覚悟なき学生運動に揺…

恋愛とは 「堕落論」坂口安吾 

「ああ、安吾ね」って言ってみよう 坂口安吾。1906年、新潟生まれ。1955年、48歳で逝去。この作品の初版は昭和32年です。私たちより、2~3(4?)世代前の方です。私感ですが、この年代の方々(太平洋戦争を成人して経験なさっている)の作品は、難解なも…