読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猿は言葉を話せるのか 「言語の脳科学」酒井邦嘉

f:id:Yama-Mikasa:20170326134839j:plain

 しつけられた犬は、飼い主が呼べば飼い主のもとに戻ってきます。昔、私が実家で飼っていた猫は、餌をあげる私の母以外の人間が呼んでも全く無視でした。ボールを投げたら、口にくわえて取ってきてくれる犬もいます。このような犬や猫は、人間の言葉が理解できているように見えます。

 しかし、本書の酒井さんは、犬や猫が言葉を理解しているとは限らないと言います。

ジェスチャーと意味との連想関係を覚えたからといって、言語を使っているというのは間違いで、動物は人間の言葉に反応しているのであって、理解しているとは限らない。

とのことです。

 動物は人間の言葉を聞いて理解しているのではなく、合図として覚えているだけだと言います。研究者の中には、類人猿に言葉を話させようとする研究者がいます。猿と人間で双方向の会話ができたら、動物が言語を理解していることになるからです。そのような実験や観察に多くの研究者が取り組みましたが、今のところ類人猿が文を作って会話をした例は一つもない、とのことです。どうやら、動物は人間の言葉を理解できないようです。

 では、動物同士では会話をしているのでしょうか。犬は犬語を、猫は猫語を、猿は猿語を話している、と、みなさん思っていませんか?これも、どうやら答えはノーのようです。簡単な会話はできるようですが、複雑なやりとりはしていないとのこと。

 いやいや、子どもを守るゾウの映像を「世界まる見え」で見たぞ!簡単な会話と難しい会話ってどういうこと?と私は思いました。私だけでなく、多くの方がそう思っているようです。

 この問いには、言語学者のチョムスキーが明確に答えてくれます。

チンパンジーはもともと言語を使う能力があるが、人間ほどうまく話せないだけであるという説は、人間はもともと空を飛ぶ能力があるが、鳥ほどうまく飛べないだけであるというのと同じである。

 このチョムスキーによると、言語を操れるのは人間だけであり、人間は学習によって言語を理解するのではなく、脳に備わった本能によって自然と言語を身に付けることができるとのことです。

 でも、やっぱり、「教え方を工夫したら猿だって話せるようになるはずだ」と今でも猿に言葉を教えている研究者がいるようです。

 その方々を、チョムスキーは、

どこかの島に、飛べない鳥の種があったとして、どうやって飛ぶかを教えてくれる人を待っていることがあるだろうか。類人猿が言語の能力を持っていることを証明しようとするのは、それと同じことである。

とばっさり。そして、

言葉を話せるのは人間だけ、そして言語は本人の努力による「学習」の結果生ずるのではなく、人間には言語の元になる能力がすでに脳に存在しているから、人間は誰でも言語を使えるようになる。

とのことです。

 このチョムスキーという方、言語学碩学らしく、古今東西の人文科学で引用されているトップテンの第八位に挙げられています。

 この本ではないのですが、人類は言葉を使うことによって、自分の得た知識や経験を次世代につなげることができる、そうやって文明を発達させてきた、と読んだことがあります。簡単な言葉によるやりとりは動物も行っているようなのですが、動物は複雑な言語はもっていないらしいです。

本をすすめる間柄

読書あれこれ 人間関係

以前、こんなことを書きました。

 人から本をすすめられて、その本を読み始めたとしても、私にとってはたいていおもしろくない本のことが多い。途中で投げ出したくなるけれど、すすめてくれた方が感想を待っているので最後まで読まなければならない。それが苦痛だという内容です。これだけ読むと、「どれだけ上から目線!」というお叱りの声が聞こえてきそうですが、相手は私のすすめた本をちらとも読んでいる気配がない、ということも入っております。

 ところが、先日こんなことがありました。

 仕事上のつきあいで、ある方と食事をしました。その方の仕事方針や、ものの見方や考え方などにとても納得、感心し、時間がはやく過ぎました。その方に引き込まれ、つい、「どんな本を読んでいるのですか?」と尋ねてしまいました。そんなことを聞いている自分に驚きました。そして、すすめられた本を購入し、読み、その本がとてもおもしろかったことにも驚きました。

 そこで、前記事に付け加えたいと思ったのが今回の内容です。

 人が推薦してくれた本を読んでよかったと思うことが、例外的にあります。それは、推薦してくれた方と信頼関係ができている場合です。私はこの人の考え方を知りたいと思い、その本には未知の内容が書かれていて、そこにはそうありたい自分が映し出されている、そう思えた時、その本は読んでよかったと思う例外となります。

 こうやって書く前は、すごいことに気付いたと思ったのですが、こうやって書いてみると、当たり前ですね、これ。「この人素晴らしいな」「こういう人になりたいな」という方を思い浮かべることが大事です。やはり、人見知りはいけません。人との絆は大切です。 

yama-mikasa.hatenablog.com

 

籠池理事長と吉田松陰 「世に棲む日々」司馬遼太郎

時事 歴史

今朝の新聞(朝日H29.3.24)を見ました。

 

 記事によると、

「~籠池氏は敬愛する幕末の思想家吉田松陰にも言及。設立予定だった小学校の名に首相の名を付そうとした理由を語った。「松下村塾が念頭にありました。同じ長州出身で以前から教育理念に共感していただいている首相に敬意を表したいと思った」〈至誠にして動かざる者は未(いま)だ之(こ)れ有らざるなり〉。誠の心で強く訴えかければ、相手は必ず動く。松陰が信奉していた孟子の言葉だ。~」

 吉田松陰びっくりしていると思います。完全なもらい事故ですね。

 吉田松陰、どんな人だったかと司馬遼太郎の「世に棲む日々」をぱらぱらとめくってみました。いつも多用しているウィキは今回は封印。読書ブログですから、本から引用してみます。

 「世に棲む日々」は全四巻、吉田松陰編(12巻)と高杉晋作編(34巻)の二部構成となっています。

 まず一巻P23

 「かたちは、心である」と文之進はよく言った。形式から精神に入るという教育思想の熱狂的な信奉者がこの玉木文之進であったのであろう。

 この、玉木文之進とは吉田松陰の先生です。ちなみに、松下村塾を開いた人がこの玉木文之進であり、松陰はそこの門下生でした。松陰は3代目の松下村塾の先生というか、松陰が開いた塾は別の松下村塾というか、ここは諸説ありというところのようです。

 「かたちは、心である」とあります。この言葉を「意味はあとから、まずは形から」と考えると、森友学園で幼児に教育勅語を暗唱させる行動と似てなくもないですね。

 次は一巻P131

自分はちかごろこう思っている。志操と思想をいよいよ研ぎ、いよいよするどくしたい。その志と思いをもって一世に跨(またが)らんとしている。それが成功するせぬは、もとより問うところではない。それによって世から謗(そし)られようとほめられようと、自分に関することではない。自分は志をもつ。

 吉田松陰自身の言葉です。「大きな志をもて」ということです。籠池さんはどのような志をもっていたのでしょうか。 

 二巻P98

こどもに読み書きをおしえる塾として「松下村塾」というものは出発している。はじめ、松陰のこどものころ、叔父の玉木文之進がやっていた家塾の名前が松下村塾であった。玉木文之進が藩の地方官になって村を出てしまってからは、そのあと、松陰の外叔の久保五郎左衛門が隠居してこの地に棲み、近所のこどもたちを教えていた。これも松下村塾といった。玉木時代も久保時代も、月給は無料であった。

 先ほど触れましたね。注目したいところは下線部です。無料です。これは籠池さん、見習わなければいけません。

 最後はP154 松陰が評定所で奉行とやり合う場面です。

「そのほう、先年、梅田雲浜が長州におもむいたとき、彼と面接いたした覚えはないか」

とよくとおる声で言った。

 松陰はそれに対してやわらかく受けた。正直に、「面接した」と答えるしかない。吟味役はすかさず

「なにを談合密議いたしたか、有体(ありてい)に申し立てよ」

といった。松陰の答えは明瞭で、なにも密談などはありませぬ、~とすらすら答えた。表情を少しもにごさずに松陰はこたえている。 

 その表情をみて、三人の奉行のなかには、この男はちがうのではないかと直感した者もいたらしい。

「だまれ、偽りをいうか」

と一段と声を張り上げたのは、吟味役である。証拠もあるぞ、梅田もすでに白状におよんでいるぞ、といった。~

 松陰はだまっている。書いたおぼえもない落文など御所に落ちていようはずがないし第一京にものぼったことがない、といった。

「私はつねに公明正大である自分をつらぬいてきたから、そういう陰でなす行為をやるはずがありませぬ」

と言った。

 このやりとり、証人喚問とよく似ています。与党の一人が籠池さんに「うそをついているだろう」と言っていました。笑えるほど、この吟味役と同じです。江戸時代ならまだしも、国会の場で「うそをついているだろう」なんてどうかと思います。そんな言葉をなげかけたところで、何の意味もないどころか、弾切れ感まる出しで見ていて悲しくなります。それにしても、あの籠池さんの落ち着きぶりには驚きました。過去の証人には、手の震えが止まらずサインができないという人もいたのに。あっぱれです。

 「首相夫人である昭恵さんが、名誉校長という事実上の広告塔として使われています。寄付金集めや役所対策に利用されていた公算が大です」と以前書きました。今回の証人喚問では、寄付金の真偽はわからないとしても、籠池氏の要請に対して昭恵さん付き職員を通して、国有財産審理室長から細かな回答が行われていたことは明らかになりました。「ゼロ回答だった。全く関与していない」と官房長官は強気ですが、多くの報道番組で専門家が述べている通り、一般人の要請に国有財産審理室長が回答するなどということはありえないわけで、まさに目に見えない力が間接的に働いたのではないか、とうがった見方をしたくなります。 

 とにかく、この一連の森友問題に関してはわかりやすい回答を求めていますが、「籠池さんがんばれ」とは少しも思っていません。今後の展開がどうなるのか、やじうま根性まる出しで見届けます。

ひとりでは生きていけないという幸せ 

人間関係

f:id:Yama-Mikasa:20170218105428j:plain

 CMで使われている言葉です。

「ひとりでは生きていけないという幸せ」

うまいこといいますね。

「自分のことは自分でできるようになりなさい」

「責任の所在をはっきりさせなさい」

「人に甘えるな」

 子どもの頃からこういう言葉をさんざん聞かされてきました。両親からも教師からも上司からも。10年ほど前の構造改革で「自己責任」というフレーズが飛び交うようになってからというもの、先の言葉はますます力をもち、もはや社会生活をおくる上での前提となっている感があります。

 この「自己責任」という考え方、突き詰めれば、自分で金を稼ぎ、自分でご飯を作り、自分でパソコンの配線をし、自分で車の修理をし、自分で寝たきりの親を介護して-。誰にも依存せず誰にも依存されないで生きる人間になろう、ということですよね。そんな生き方のどこが楽しいのか、私にはさっぱりわかりません。そういう人に「あなたは幸せですか?」と聞いてみたいです。「幸せだ」と答えたなら、寂しいことです。他人に依存すること、そして他人に依存されることの経験を味わったことがないのでしょう。スーパーのパック寿司しか食べたことがないのに、世の中の寿司を全て食べつくしたかのような顔をして、パックの寿司を「うまい」と言っている、そういう風に聞こえます。良質な寿司を一度でも食べたことがある人なら、パックの寿司を「うまい」とは言いません。

     私は、一人では生きていけません。私には、妻や子をはじめ、「あなたなしでは生きていけない」という人間がたくさんいます。「あなたなしでは生きていけない」という思いは、「だからこそ、あなたにはこれからもずっと元気で生きていてほしい」という思いと同じです。私には、生きていくにあたり大勢の人が必要で、私はその人たちに元気でいてほしいと思っています。

    自己責任を突き詰めた人間は、誰にも頼らなくても一人で生きていけるわけで(実際には誰かの力を借りて生きているわけだけれども、誰の力もできることなら借りたくないと思っているわけで)、そういう人間は、自分の周囲の人間を思い浮かべながら、「あなたもあなたもあなたも私が生きていくにあたり必要ない(もしくは、今はあなたが必要だけれども、近い将来できるかぎり不必要にしたい)」と考えています。そういう人間と、周囲の人間を思い浮かべながら「あなたがいないと私は困る。お願いだからいつまでも元気でいてほしい」とまわりにその健康と幸福を願わずにはいられない多くの人を有している人間、どちらが幸せでしょう。

 私は、その人がいないと生活に支障をきたすような多くの人に囲まれて生きています。その数は、年とともに増えている気がします。でも、私はそれを困ったことだとは思っていません。そして、私は幸せです。

 

 成人の4人に1人が「自殺したい」と思ったことがあるとのことです。死なないでください。あなたが死んだら私が困ります。

  

 また、東野圭吾は、作品の中で「自殺は、残された遺族を自殺者遺族として苦しめることになる」と述べています(と主張する人物が登場するということです)。

 

  

自殺をしてはいけない理由 「手紙」東野圭吾

人間関係

f:id:Yama-Mikasa:20170322120835j:plain

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く……。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き、感動を呼んだ不朽の名作。

 

 400ページほどありますが、事件は最初の20ページで行われる殺人事件のみ。残りの380ページは「殺人犯の弟」である主人公の直貴が、差別され続ける日々が描かれています。「犯罪加害者の家族が、社会や加害者本人である家族とどう向き合うか」という重いテーマです。最終的に直貴は「兄と絶縁する」という道を選びます。

 就職活動先で、直貴は社長である「平野」という人物に目をかけてもらいます。この平野社長の言葉が深い。

なぜ人を殺してはいけないのか なぜ自殺をしてはいけないのか

 平野の「なぜ人を殺してはいけないのか」という問いに、直貴は「自分だって殺されるおそれがあるから、殺人はよくない」と答えます。また、「自殺は認めるか」という問いには、「自分の命だからどう扱うかは自分の自由、だから自殺の権利はある」と答えます。

 それに対して平野はこう返します。

「人には繋がりがある。愛だったり、友情だったりするわけだ。それを無断で断ち切ることなど誰もしてはならない。だから、殺人は絶対にしてはならないのだ。そういう意味では自殺もまた悪なんだ。自殺とは自分を殺すことなんだ。たとえ自分がそれでいいと思っても、周りの者もそれを望んでいるとはかぎらない。君のお兄さんはいわば自殺をしたようなものだよ。社会的な死を選んだわけだ。しかしそれによって残された君がどんなに苦しむかを考えなかった。衝動的では済まされない。君が今受けている苦難もひっくるめて、君のお兄さんが犯した罪の刑なんだ」

「君が兄さんのことを憎むかどうかは自由だよ。ただ我々のことを憎むのは筋違いだといっているだけだ。もう少し踏み込んだ言い方をすれば、我々は君のことを差別しなきゃならないんだ。自分が罪を犯せば家族をも苦しめることになる。すべての犯罪者にそう思い知らせるためにもね」

 

平野社長は、自殺も殺人も認めないと言います。

 自殺がいけない理由

  • 自殺をした周囲の人間が悲しむ。
  • 周囲の人間に、「自殺者の関係者」という苦しみを与えてしまう。

  人を殺してはいけない理由 

  • 被害者の周囲の人が悲しむ。
  • 加害者の周囲の人に、「殺人者の関係者」という苦しみを与えてしまう。

そして「人を殺してはいけないと周知させるためにも、殺人者の関係者は社会から差別されることになる」としています。 

 直貴はこの後、結婚し娘が生まれます。ところが、その娘も「殺人犯の弟の娘」という差別を受けるようになります。自分への差別なら構わない、しかし、娘まで差別を受けなければならないのか-

 この直貴の葛藤を、平野はばっさり切り捨てます。

「厳しい言い方をすれば、君はまだ甘えている。君も、君の奥さんもね。(娘への差別も)その状況ならそうだろうね。考えてもみなさい。強盗殺人犯だ。そんな人物とお近づきになりたいと誰が思うかね。前にもいったと思うが。逃げずに正直に生きていれば、差別されながらも道は拓けてくる。君たち夫婦はそう考えたんだろうね。若者らしい考え方だ。しかしそれはやはり甘えだ。自分たちのすべてをさらけだして、その上で周りから受け入れてもらおうと思っているわけだろう?仮に、それで無事に人と人との付き合いが生じたとしよう。心理的に負担が大きいのはどちらだと思うかね。君たちのほうか、周りの人間か」

「じゃあ、一体どうしろというんですか。やっぱり差別に耐え続けるしかないということですか。あの小さな娘に、そんなことを要求しなきゃならないんですか」

  納得できないまま、直貴は家に戻ります。その後、自転車に乗った妻がひったくりにあい、一緒に乗っていた娘が重傷を負います。頭を強く打ち、額に消えない傷跡が残ります。事故の5日後に犯人が逮捕されました。21歳の男でした。

 しばらくして、その犯人の両親が家を訪ねてきます。身なりも整え、精一杯誠意を見せようと平身低頭し、「私でよければ殴るなり蹴るなりしてください」と泣きながら謝罪する二人を帰宅させ、直貴は今までの自分を振り返ります。

「あの人たちはいい人だけど、俺はやっぱり許す気にはなれない。あの二人が土下座して謝るのを見てて、俺、何だかすごく苦しかった。息が詰まりそうだった。その瞬間、俺はわかったんだ。社長からいわれたことの意味がはっきりと理解できた。正々堂々としていればいいなんてのは間違いだってことにさ。それは自分たちを納得させているだけだ。本当は、もっと苦しい道を選ばなきゃいけなかったんだ」

 そして、直貴は兄に「縁を切る」という手紙を書きます。

 この決断について平野は、

「君の決断について、人は非難するかもしれないね。世間体を気にして家族の縁を切るとは何事か、刑期を終えた人間が社会復帰する時に頼れるのは家族だけだ、その家族が受刑者を見捨ててもいいのかと」

「僕が結婚していなければ、そして娘がいなければ、もしかしたら別の道を選んだかもしれません。でも、僕には新しい家族がいるんです。罪を犯した兄と何の罪もない妻子、この二つを救おうとしたのが間違いだったと今は思っています」

「君は何も間違ってはいないよ。人間として正しくあろうとしただけだ。でも実際のところ、何が正しいかなんてことは、誰にもいえんのだよ。さっき君がいったようにね。ただ、これだけはいっておこう。君が選んだ道は、簡単な道ではないよ。ある意味では、これまでよりももっと苦しいかもしれん。何しろ、正々堂々、といった旗印がない。すべての秘密を君が一人で抱え込み、仮に問題が生じた場合でも、一人で解決しなければならないんだ」

と答えます。 

 

兄が弟を思う気持ち。

弟が受ける社会的差別。

兄が弟に書く手紙の数々。

弟を支える彼女の誠意。

弟が兄にあてて書く「断絶」の手紙。

最後、弟が被害者に謝罪に行った際に知った事実。

 

読む価値ありだと思います。


籠池理事長 証人喚問

時事

 証人喚問まであとわずか

 当初、安倍さんは森友への国有地払下げや学校認可について、「自分も昭恵さんも何ら一切関与したことはない。もしそんな事実があったら議員も首相を辞める」と早々と発言しました。

 私も、安倍さんはそんな口利きしていないと思います。事務所としても、そんな陳情には取り合わなかった、というところでしょう。

 ただ、安倍さんは、森友学園問題がここまで問題になるとは思ってもいなかったことでしょう。ここまで、メディアや世論が騒ぐとは思っていなかったのではないでしょうか。さすがの安倍さんも焦ったと思いますよ。「焦った」と過去形で書いているのは、もうすでに証人喚問を盤石の状態にしているからだと思うからです。残念ですが、もう焦っていないと思います。

 安倍さんが見誤ったのは、森友問題の「わかりやすさ」です。9億円と値が付いた国有地がごみを理由に8億値切られ1億円となること、教育勅語を暗唱させられた子どもが、「安倍首相がんばれ!」と叫んでいる動画ニュース、これがどれだけ国民世論の関心を呼ぶかについての想像力に欠けていたと思います。

 自身が法的、政治的に無関係であれば、いずれ安倍一強の下、メディアも静まると安直に構えていたのではないでしょうか。

 土地払下げをした近畿財務局も、学校認可を一時前向きに検討していた大阪府も、森友側に都合のいい対応をしていた疑いは拭えません。なぜこうなったのか。納得のいく回答が出るまで(わかりやすい問題ゆえ、わかりやすい回答をのぞみます)くすぶり続けることになると思います。

 首相夫人である昭恵さんが、名誉校長という事実上の広告塔として使われています。寄付金集めや役所対策に利用されていた公算が大です。その一点で、国政の最高責任者としてモラル面での責任は免れません。

 なぜ、そんな当たり前の対処ができなかったのか。周辺も誰も換言できなかったのはなぜか。はだかの王様ここに極まれりです。証人喚問で解明されることを願うのみです。冒頭に書いたように、あまり期待はしていませんが。

 

自殺 生きるのがつらい

時事 人間関係

4人に1人「自殺考えた」

 新聞に出ていました。成人の4人に1人が「自殺したい」と考えたことがあるとのこと。

 全国20歳以上の男女3千人を対象に実施。23.6%が「本気で自殺したいと考えたことがある」とのこと。

 自殺をどう乗り越えたのかを聞いたところ、「趣味や仕事で気を紛らわせるよう努めた」(36.7%)、「身近な人に悩みを聞いてもらった」(32.1%)が多かったとのこと。

 

あなたは、死んではいけません

「井崎!貴様には家族がいないのか。貴様が死ぬことで悲しむ人間がいないのか。それとも貴様は天涯孤独の身の上か。答えろ、井崎!家族は貴様が死んで悲しんでくれないのか!それなら死ぬな。どんなに苦しくても生き延びる努力をしろ!」

 

永遠の0」の主人公、宮部の台詞です。

 

  あなたが死んで悲しむ人は必ずいます。もし家族が健在であれば、必ずあなたのことを思っています。もしご健在でなかったとしても、あなたのご両親は、あなたの祖父母様は、あなたの曽祖父母様は、あなたが死んだら悲しみます。私は、親になって知りました。もし「自分の息子が死ぬ」というような事態になったら、それがどれだけの苦痛か、ということを。ましてや自殺だなんて。

 息子の身を案じた時、私は、はじめて自分の親、祖父母、曽祖父母のたどってきた道を意識することができました。私自身が、この、細々とではあるけれど、脈々と続いてきた流れのひとつであることを自覚しました。また、自分の子どもだけでなく、まだあっていない孫にも幸せであってほしい、そして、会うこともないだろう、ひ孫や玄孫に何かあったら、とんでいって背中を押してあげたい、支えてあげたい、追い風をふかせてあげたい、そう思いました。

 

 新聞によると、

悩みやストレスを感じたとき、相談や助けを求めることにためらいを感じる人は48.6%いたとのこと。 

 人に「助けてくれ」と言いづらい雰囲気があります。

「自分のことは自分でする」

「責任は俺がとる」

「誰にも頼らず生きることができる」

「自立した人間になる」

 これらの言葉が、今、目指したい人間像の一つとなっている気がします。私は、声を大にして言えます。「私は一人では生きられない」と。そして、「誰にも頼らず生きることができる」という人間が好きではありません。

 東野圭吾は、「手紙」という作品の中で、自殺を否定しています(というより、自殺を否定する人物を描いています)。その理由は、「周囲に人間に「自殺者の遺族」という苦しみを与えることになる」というものです。